今年は、海と船とダイビングと、去年の長期航海についても触れながら、日誌書きます~


by koukaishiyuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 12 )

自己紹介

神子元ハンマーズ 安田祐希(やすだゆき)

自己紹介

神子元島灯台を遠目に練習船を操船していたはずが、黒潮に流れ海と人でつながってハンマーズにたどり着く。

船も水面も水中も、大物小物・透視・流れ問わず、とにかく海がすき。

2012年度までは、さかなクンのいる大学で海を学び、練習船で国内や世界各国、果ては南極(南氷洋)まで航海(Navigation)。航海士の免許も持つ。
これからは神子元の海をNavigationします!

長期航海中、南氷洋上の船内にも持ち込んで食べていたほど、大のトマト好き。
[PR]
by koukaishiyuki | 2015-12-07 18:37

ついにきましたよ!

5/30土曜 神子元行ってきました!!
戻りたて、いち早くみなさまにご報告と思い、ブログ更新♫

の前に、下書き保存してた件↓
もはや、とばしてもいいです…

東京湾にシャチが現れたとのこと。
これは非常に珍しいことで、千葉の金谷沖〜南房総沖に群れでいるようで、海保は衝突注意を呼びかけているようです。

アザラシやイルカよりも珍しいので、近くにいたら見に行ってみたかったなとも思いますが、そういえば野生のシャチには一度だけ、しかも一瞬だけ遭ったことがあります。

2年少し前に南極は南氷洋に行ったとき、ちょうどブリッジ(船橋)にてワッチ(当直)中に、前方を横切ったのですが、こちらも動いている船でしたし、本当に一瞬で、視認できたのは船内で2〜3人。

シャチはkiller whale、海のギャングとも言われます。
ただ単に獰猛ではなく、加えて非常に賢いようです。パラオ近海やインド洋でマグロのはえ縄漁実習をしたとき、釣り針のついているマカジキの頭を残して、見事に食べられていたのが時々あり、それは賢いシャチの仕業だとききました。

そんなことはさておき、
そうです、ついにきました!
本日、ハンマー目撃情報アリ!!
他船ですが、5匹とのこと!
今季初ハンマーですね〜

何より、エントリーするや否や、水温が上がってました!!
もうちょっと透視度が…なんて、欲は言いません。。回復してきてますしね♪
2本目は上げ潮にイサキとタカベが乱舞、もうワクワクがとまりません!!
と思って上がってみると、ハンマー情報!
やっぱり!
ということで、明日、期待大です!!


[PR]
by koukaishiyuki | 2015-05-30 13:35

南伊豆生活に戻ってます

2015年も早くも5月末。

2014.12月よりパラオに行っておりましたが、4月に日本に戻り、誕生日も経て、また南伊豆に戻って参りました。
今年からは衣食住環境を変えて、心機一転!

振り返ると大学2年の夏、海洋環境学実習で下田港に入港したときは、まさか卒業後に住むとは思ってもなかったわけですが。
下田港の横を通るたび、いろいろと思い出します。

そんな船の中は、非常に衛生面で厳しく、規律としても掃除は徹底的にやっていましたし、特に遠洋航海で他国に入港する予定の船は、消毒やら殺虫やら、必然と虫や生き物とは無縁な生活でした。

そこから、今度は、自然あふれすぎるこの場所で過ごすと、慣れというか寛容というか、あまり気にならなくなった野生生物たち。むしろ微笑ましく思うことも…笑
毎年毎年、さらに慣れてきた気もします。

今も、家の窓には10cm(計測済)のクモがとまり、寝室の床にはおよそ6cmのクモが佇んでさっきからじっとこちらを伺っています。(一歩も動かない!)
アリはどこからともなく現れては、とことこ歩き回ってます。そして逃げ足がはやい!

去年まで住んでいたとこでは毎晩、扉の前で大きなカエルがお出迎え、大小問わずクモは常に部屋にいましたし、寝ている間にクモが寄ってくることもありました。さすがに、1晩でムカデにたくさん遭ってしまったときは恐怖でしたが…

パラオでは、寝ている間にゴキブリがベッドに侵入してきたこともありました。でもなぜか私は慌てず騒がず。
別のときにゴキブリが出たときは、叫ぶことなく、率先して雑誌で一撃を加えるに至りました。

ムカデやゴキブリ、アリなどは危害を加えられたり衛生上困るので、梅雨シーズンに向け対処しなければとは思っています。

小物だけじゃなく、鹿が電車に衝突して遅延したり、庭の畑でサルが野菜食べてたり(”俺のトマト食いやがって!”)、大物たちも活躍中。
以前、誰もいない夜道を歩いているときに、大きなイノシシに遭遇したときは危険を感じましたが、おそらく今後何に遭遇しても驚いたり叫んだりはせず、冷静に対処するんだろうなと。

もともとは虫が大の苦手なんですが…慣れってすごいです。

何はともあれ、自然がいっぱいの南伊豆だからこそ、海の幸山の幸、おいしい魚介類や野菜、おいしいお酒(南伊豆の米でつくった日本酒がおいしいです)があって、温泉があって、何より海がすばらんだなぁと改めて思うところです。

あ、町営の銀の湯が、大改修工事で長期休業するので、浸かり納めはお早めに!



[PR]
by koukaishiyuki | 2015-05-27 19:37
また今年もブログご無沙汰期間が長く、ハンマーズもあと2週間・・・
早いものです。

当店ログ&フェイスブックでもご報告しましたが、
先週末、伊豆大島ツアーに行ってきました。
http://www.mikomoto.com/logs/2014/11/009428.php

個人的には、2年ちょっとぶりの大島ですが、学生時代は何度も何度も訪れた場所で、
Cカード取得後の初ファンダイビングの場所でもあり、思い出のつまったとても大切なところ。

往路の波止場や船内で、秋の浜で、復路の船内で、
当店のお客様や、学生時代に大島でお世話になった方々に久しぶりに再会し、
ハンマーズのゆきツアーとしては初のツアーということもあり、
非常に感慨深いものとなりました。

初心に帰り、これからもがんばっていこうと思います。

今回ツアーにご参加頂いたみなさま、
そして、これまで出逢い、お世話になったたくさんの方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!

さぁあと2週間、まだまだハンマーも狙える神子元の海を、一緒に楽しみましょう!!

[PR]
by koukaishiyuki | 2014-11-18 18:55

濃霧は勘弁〜

全然更新せず、2014年は早くも8月下旬に差し掛かり… 今年こそは更新頻度を挙げたいところです^^;

昨年は7月上旬、毎日のように濃霧で、今年は先日の台風11号明けから、昨日も1航海目まで濃霧でした。
出航前、弓ケ浜から神子元島はおろか、手前の横根や豊根も見えず。
道中ももちろんのこと、最も見えないときで、カメ根からカリトの鼻が見えなかったり、三ツ根から島が見えなかったり。視程30〜50mくらいですかね。
神の名がつく島なだけに、神隠しにたびたびあっているようです笑

そもそも霧とは、直径0.1mm以下の水滴が空気中に浮かんでいるために、水平方向の視程(ダイビングでいう透視度)が1km未満になる現象をいい、
1km以上見えている場合は、もや、といいます。

神子元島を隠す霧は、温かくて湿った空気が、冷たい海水面に冷やされて発生するもので、移流霧と呼ばれます。

外気温が高い夏、海水温が低いと発生するわけですが、最近は南西の風のときに霧が出るのと、風が吹けば消失することから、
おそらく、神子元周辺の水温よりももっと低い水塊がどこかにあり、そこで発生した霧が風によって運ばれてくるのではないかと。
まだまだ確かに神子元周辺の水温は低いですが、それよりも低い冷水塊が、どこかにあるのかもしれません。。
ほぼ無風のときはその場に漂って濃霧となり、少し風があれば消える、そんな状態が続いてます。

通常基本的には、神子元へ向かうときは島を目視し、周囲の船舶や漂流物の見張りと、風や波、潮を考慮しながら船長は舵をきっているのですが、
霧中では、コンパス方位と時間とエンジン回転数(速度)をもとに、加えてレーダーを頼りに操船しています。

ハンマーズ号のレーダー画面は船室内にあるので、昨年からは私がレーダー画面の操作と観測を行い、随時上にあがって船長に報告しています。
レーダー画面では、周囲の船舶や根の、方位及び自船との距離がおおよそわかり、加えて、神子元島はレーダービーコンというマイクロ波標識局を設置しているので、画面に島までの方位と距離もおおよそ表示されます。

しかしながら完全に把握できるわけではないので、通常時の何倍も注意しながら、島へ向かうわけです。

南氷洋での航海時にも、同様の濃霧の中、レーダー画面上には無数の氷山が映り、安全な航海にはレーダーが非常に大きな役割を担っていました。

兎にも角にも、霧が出て弓ケ浜から神子元島が見えないと、外気温が高い&水温低い?→ハンマーは…?となるので、早く少しでも黒潮に寄ってもらいたいところです!
[PR]
by koukaishiyuki | 2014-08-18 12:50

中秋の名月

黄金色に輝く、満月。今日は中秋の名月ですね。
美しく、切なく、そして何か不思議なパワーを感じ、惹きつけられます。

明るい月夜、きっと神子元島にも、月の光が降り注いでいることでしょう。
日中は水中で、タカベの群れの、金色のシャワーが私たちを魅了していますね^^

大学在学中の航海中も、幾度となく、月の光が行く手と私達を照らしてくれました。
満月のときも、日々の満ち欠けていく月も。
逆に新月のときの、大洋の真ん中は驚くほど真っ暗で、他の船舶の灯火もないと尚の事真っ暗です。
日本沿岸などでは、島や陸の影、往来する船舶の影を浮かばせ、
大洋の真ん中、周囲に船舶もいないところでは、鏡のような水面、時には高浪の海を照らし、
その神秘的な月の光に誘われて、航海当直中は見張りを行いながら、あれこれと瞑想したものです。

日没後の航海中は、衝突等を避け安全に航海するために、
できるだけ早期に他の船舶の灯火(舷灯やマスト灯など)を視認することが必要です。
遠くのわずかな灯火も視認できるよう、目を暗順応させるために、
船橋(ブリッジ)内は基本的に真っ暗なので、満月のときはあまりにも明くて目が慣れず、少々困ることもありました。

朝晩はすっかり涼しくなった南伊豆。
これからますます深まる秋を、読書の秋、瞑想の秋、などなど色々と楽しみたいですね。
今日は月を眺めながら物思いにふけっていますが、
でもやっぱり食欲の秋!を楽しみたいところです(笑)
[PR]
by koukaishiyuki | 2013-09-19 22:09

神子元島

Wi-Fi環境の影響もあった、3月までの長期航海中もさることながら、
2013年度は全然更新しておらず・・・ ブログ、ご無沙汰しておりました^^;

気づけば7月もあと1週間。世間は夏真っ最中のようですが、神子元の夏はまだまだ始まったばかりですね。

今月は、七夕の日の週の靄(もや)と霧に始まり、大型台風によるうねりと濁りに苦戦を強いられていましたが、そこからの回復段階で、ついにAポイント開幕。とってもアツイ盛り上がりをみせています。
昨日はメジロとハンマーの混在する群れでした!

そんな、ダイバーがこぞって目を輝かせ集結する神子元島、
もともとは釣りで有名ですが、日本沿岸を航行する船舶にとっても重要な島です。

神子元島は無人島で、島の真ん中に灯台が立っています。
大型の船舶は航海時、海図上に目的地までの航程線をひき、途中にいくつかの変針点を設けます。
変針点のひとつとして灯台(夜間は灯光)を物標にし、予め灯台が自船から方位何度方向に見えた時に変針するかを決めておくので、灯台は、島や沿岸、浅瀬や岩礁の有無を船舶に教え、自船の位置を知るためのツールであり、目的地までの道しるべとなるわけです。

実際、学部生時代に日本一周航海(南は東シナ海・屋久島、北は北海道・小樽まで)をしたときや、その後の航海で日本沿岸を通ったときも、そのように神子元島をとらえていました。
東京湾から出て、これからいざ長い航海というときは、さみしさ半分ワクワク半分な気持ちで灯台を見つめ、
戻ってきたときは、この変針で東京にぐっと近づくので、ほっとする気持ちで。



d0257315_1124448.jpg

まぁ初めて神子元島の沖を通ったときは、神子元でのダイビングの存在は知っていましたが、潜ったことはなく、ハンマーがホントに群れてるだなんて知らず、まさか数年後に毎日この島に通うとは思ってもなかったわけですが(笑)

ハンマーズ号に乗って神子元島へ向かい、灯台を見る度、色々なことを思い出し考えさせてくれます。私にとっての神子元島は、日々の基点であり、人生を変えた「変針点」だなと思います。

ひとも船も、サメも、何かの力に引き付けられ、惹きつけられ、集まる神子元島。
水中でも、水面でも、陸上でも、
ひととひと、ひととサメ、いろんな出会いがあり感動があり・・・

毎日、毎ダイブ、良くも悪くも様変わりする神子元の海は、楽しみで仕方ありません!
もっともっと、感動・興奮体験を共有したい、魅力を知ってもらいたいなと思っています^^

海って本当に偉大だ~☆
[PR]
by koukaishiyuki | 2013-07-24 11:24

南大洋から生還しました

2012.11.12に東京を出港してから2ヶ月半が経ちました。

11.26にベトナムを出港してからは、赤道通過、1週間のインド洋でのマグロはえ縄、落水者救助の操船実習、餅つき&洋上祭などなど、1ヶ月間船の上でした。そして年末12.26にオーストラリア南西部パース近郊のフリーマントルに入港し、大晦日朝に出港、船で年越しそばを食べ、船橋で新年を迎えました。
元日はおせちとお雑煮を食べ、午後からは後部甲板に全乗員集合し制服(上下白の夏服)で新年の挨拶でした。半袖でもまだギリギリ大丈夫の気温でした。
翌日1.2-3は暴風圏に入り、右に左に激しく揺らされ、色んな物が机や棚から崩れ落ちたり、配膳した食器がテーブルの上を端まで一気に滑っていったり、バランスを崩して倒れたまま起き上がれずにゴロゴロ転がってしまったり、非常に面白くてみんな笑っていました。
そんな中、1.2-18まで、日本の国家事業である南極海域観測が始まり、船橋当直と交互に観測作業に入っていました。同じ観測隊の「しらせ」の接岸断念は新聞で見ていましたが、こちらの110°Eラインでの南下も65°S止まりでした。
様々な海鳥に加え、1.6には本航海初の氷山を視認し、8日以降はたくさんのザトウクジラに出会い、10日には浮氷の上にのったアデリーペンギン4羽を見ることができました。北上途中、18日にはシャチを発見し、20日にはオーロラをみることが出来ました!
帰路はほとんど揺れずに暴風圏を通過し、おととい23日に約1ヶ月ぶりの陸、オーストラリア南東部タスマニア島ホバート港に入港しました。やっぱ陸ってすばらしい。笑

今日は朝から上陸していますが、曇り空で肌寒く、とりあえずFREE Wi-Fiスポット(ヨットハーバー横、外のベンチ)で電波のありがたみを噛み締めています。
[PR]
by koukaishiyuki | 2013-01-26 07:58
最初の寄港地ベトナムはホーチミンに21日昼、入港しました!
※以下、諸事情により長文お許しください。

朝は7時からデッキで入港スタンバイ→12時頃までと、長く暑い中での作業でしたが、17時にベトナム初上陸!久しぶりの略服(夏服)です←制服ほんと暑い(ーー;)
久しぶりの電波を、本場のフォー ガー(鶏肉のフォー)と生春巻きを食べながら楽しみました(*^^*)

いやはや、日本出た直後から3日間大荒れ(安田死亡)でしたが、その後は穏やかな海でした。天測と気象通報も始まりました。

初日数時間で分かったのは、
【青信号、みんなで渡れば怖くない】
横断歩道、青だけど全く止まらないバイクの流れ(ーー;) 車より俄然バイクが多い!
大通りの信号にはデジタル表示で、信号が変わるまでの残り時間がカウントされてるんですが、赤になっても止まらない、緑になった瞬間急加速、まだ人が歩いてても止まりません。街中にはクラクションが耳鳴りのように響いてます。
しかしまぁ、郷に入っては郷に従え、ここでの"正しい"道の渡り方は、
①横断歩道信号があれば従い、②あってもなくても車が過ぎたあとに、③走ってくるバイクと呼吸を合わせながら、④手をかざしつつゆっくり道に出て、⑤アイコンタクトをとってそのまま渡りきる。バイクはクラクションを鳴らし少しイラっとした顔をしながら、避けてはくれます。
怖いけど、慣れれば普通にできるようになるものです。笑

2日目は乗組員も含め全員でバス見学。
チャイナタウンの、天候の神様と弁財天にお参りして、サイゴン大聖堂と中央郵便局:フランス時代の建築物、統一会堂、漆の工芸品加工場、戦争博物館や美術館、ベンタイン市場と、ハードなスケジュールでしたが、アジアのごちゃごちゃ感、ヨーロピアン、現代的なものがそれぞれ色濃く、でも同じホーチミンシティ内に存在してて面白い。
全身オイルマッサージしてもらったあとは市場横の露店でご飯食べながら至福のビール☆ベトナムビールを飲みました。22時帰船。

おととい3日目は、ドンコイ通りを皮切りに雑貨店巡り。中央郵便局近くのカフェ:The Coffee Bean&Tea Leaf(ベトナムのチェーン店だと思ったら、韓国にもあるんだとか)でコーヒー&Wi-Fiタイム(なぜかホットコーヒーがジョッキで出てきた)。昼は再びのフォー(牛肉のフォー ボーにしました)。
買物のあとカフェ2件目:Highlands Coffeeでベトナムコーヒーのカフェスーダー(ホットの、練乳たっぷりのロブスタ種コーヒー)。手紙を書きながら雨が止むのを待って、お土産にロブスタコーヒーを買おうと話しかけたベトナム人の同い年の店員さんと仲良くなって友達になりました。コーヒーのことを聞きたくて、英語がんばって話してよかった!制服のおかげで話すネタもきっかけもあって、共通の話題がコーヒーでよかった!

郵便局で手紙を出し(エアメールでポストカード1枚につき1,0500VDN=¥42切手を貼る。安い)、3件目のカフェ&レストランで生春巻き。
友達はニガテな人が多いですが、香草入りの料理を堪能してます^^
この日は9:00-20:30で上陸、帰船。

昨日は上陸許可を得るための試験を受けて(1度目は全員不合格(笑)、2度目の後14時から上陸、22時帰船)、ドンコイ通りから郵便局の辺りまでぶらぶらし(道端でタイ人に話しかけられ10分ほど話したり、お土産見たり)、郵便局でまさかの友達とはぐれ(笑)、ひとまず前日行ったカフェへ。たまたま隣に座ってたマレーシアの人と話して仲良くなって、隠れ家的なカフェとステキなイタリアンレストランに連れて行ってもらいました(*^^*) もちろんこの制服で。笑 5時間あまり、ひたすらがんばって英語しゃべって、でも楽しかった~♪ やっぱりうまく伝えられないけど、伝えようってすると聞いてくれるし、色んな人と話すのっていいなと思いました。

そして今日、ベトナム5日目最終日。明日朝4時点呼&5時出港なので、今日は9-20時の時間帯で上陸中です。
ベトナムはほぼどこの店でもWi-Fiが無料で使えるので便利なんですが、観光したり買物したりでゆっくり使えず、必要な連絡に追われ今日までFacebookもブログも更新できず…すいません(>_<)
出港後は12/26にオーストラリア フリーマントルに入港するまでまた電波が入りません。。ので、早いんですけど
メリークリスマス☆

次の更新までには、マグロのはえ縄実習などなどでさらに日に焼けてることでしょう。すでに今回の入港スタンバイ4時間&上陸でだいぶ黒くなりました(~_~;)
ではではみなさまsee you... Yuki
[PR]
by koukaishiyuki | 2012-11-25 14:59
ついに出港しました…!

お見送りに来て頂いてありがとうございました(*^^*)

自分で決めたこと、なのにやっぱりさみしくて、泣いてしまいました。笑

自己紹介、今後の航海の様子は、次の寄港地ベトナム ホーチミンで電波を得たらご報告します!

もう少しで東京湾を出ると南風で荒天の予報ですが、がんばってきます‼

ではまた☆
[PR]
by koukaishiyuki | 2012-11-12 15:11